お知らせ
What's site
秘密実験箱
スペースレンタル
リンク
地図
メール
site
秘密実験 008
2006.12.08-12.17
 

飯沢 未央  vein in the vein

 
  
  
   
他の実験記録
001 鈴木康広
002 Narcolepsic Orchestra
003 梅 佳代
004 渋谷奈緒
005 志村信裕
006 甲元賢治
007 福本 歩
008 飯沢未央
009 大橋絵美+五木田亞樹
010 といだあずさ
011 杉原信幸
・012
 
・飯沢 未央 個展「vein in the vein」
身体の内側は、常に蠢き、代謝を繰り返す。
その動きは肌で覆われ、見ることも触れることも出来ない。
私はそんな、近くて遠い、皮膚の真下に存在する世界に興味を持っていた。
"vein in the vein"はそんな私の興味から生まれた空間である。
置かれたオブジェは体験者であるヒトからの作用を動力として、動きを返す。
その動きは、見えない身体の内側の世界を映し、想起させるだろう。
・プロフィール
飯沢未央(Mio I-zawa)
略歴
1981 長野県生まれ。
2001 多摩美術大学情報デザイン学科入学。
現在、多摩美術大学大学院情報デザイン領域専攻2年。サウンド&メディア芸術研究室所属。

受賞歴
2006 前橋アートコンペライブ グランプリ受賞
2006 JEANS FACTORY ART AWARD 2006 優秀作品賞

展示会歴
2003 マッサージフェア展@相模原市民ギャラリー
2004 installed sences @三河台中学校、六本木
2005 DESIGN X ART(卒業制作展)@横浜赤レンガ倉庫
2006 transNonFiction@Bank Art NYK@横浜
2006 JEANS FACTORY ART AWARD 2006 最終審査展@高知
・実験報告
人がふれると反応してうごめく細胞(elastic_cells)、脈拍に合わせて動き回る心臓(external_heart)が体内をイメージした暗闇に空間に浮び上がるように展示された。作品そのものはビジュアル、触感をリアルに製作しているので少しグロテスクでダークな印象を与えてしまう展示になるのではと思っていたが、実際は、来場者は反応する作品と戯れ、癒しを感じているようだ。
体の内にあるものと対峙した時に人はコミュニケーションをとろうとする、ならば飯沢さんの作品は単なるインタラクティブ作品という枠を飛び出し一つのコミュニケーションツールとなるのではないだろうか。。。おもしろい反応が見れた展示となった。